人生のうちの結婚

子供は親を性的な存在として認知することを抑圧しているため、セックスの場面を見させて、それをいたずらに刺激することはないというのが、親の心情でしょう。第三番目は、これは人類独特のことのようですが、特定の男性と特定の女性が結びつくのは、一夫一婦制度のもとでは、他の組み合わせの可能性を排除することになります。つまり、いまかりにA、B、C、D、Eという五人の男性がいるとします。そのうちあなたはDという男性を選びました。するとA、B、C、Eの四人はそうした状況をけっして好ましく思わないのです。特定の集団の中でカップルが生まれても、その二人はおうおうにして孤立するというか、浮いてしまいます。まして、セックスをしているところを見られたりすれば……。その二人が、他のすべての人たちからはじき出されるのはこのためです。第四番目の理由は、第二番目に近いのですが、自分たちが性的存在であることを示すのは、逆に職業的存在、社会的存在ではないことを示すことにつながるからです。仕事もいいけど、結婚など人生設計もしっかり考えて、ここで素敵な出会いを見つけてください。ですから、公共の場所では人間は性的存在でないことにつとめなければならないことになります。そして、これはたぶんに宗教的な意味がからんでいると思われます。ひと口に「愛」といっても、男女間の恋愛だけでなく、人類全体や地球に対する愛もありますが、もっとも基本的な形は親子の愛、そして恋愛でしょう。動物の世界における「愛」を考えても、互いに保護し、養育しようとする行動を開発する感情は「愛」しかありません。

出典:xn--k-fbu922ndvglom3iq0ok770a3oi.net

DW167_L