問題のアプローチの仕方で男女に違い

*彼女はどにかくグチってばかり。安心 出会い系にはもううんざり■個人的な問題へのアプローチのしかたには男女差があるロバートは、週末にマイラと一緒にいるのが嫌になってしまいました。というのは、マイラは自分の芸術上の野心とその野心が押さえつけられていることについて、あくまでもしやくり続けるからです。彼女はロバートのアドバイスを無視します。にもかかわらず、彼に聞いていてほしいのです。マイラは、誰かに話してしまうということが大いに役立つのだと言います。しかし、こういう話にずっと付き合わされると、彼は最後には、ビンセント・ヴァン・ゴッホのような気持ちになってしまいます。つまり、少なくともひとつの耳は削いでしまいたい。このことは、個人的な問題に対するアプローチのしかたに、男女で違いがあるのではないかということを示しています。女性はしばしば相手と親しいということを感じるために自分の問題を話し、相手が共感をもって聞いてくれることによって、その問題への理解を深めたりします。一方、男性が自分の問題を持ち出すのは、その問題と闘って解決したいという場合が多いようです。女性が自分の問題をもてあそぶことで相手の反応を引きだすということに、男性はびっくりします。一方、女性は、自分を好きだと言いながら、自分をもっとも悩ませている事柄を言いだすと、男性が不機嫌になることに対して、納得がいきません。あなたが彼女に十分な回答を与えたにもかかわらず、彼女がまだグズグズ言うので頭が痛くてたまらないという気持ちになったら、〃ASPIRINⅡアスピリン〃の方法をお試しください。アスピリンは〃頭痛″の特効薬です。