結婚相手

男性は女性にそれほど痩(や) せていてほしいとは思っていません。こうした差が生まれるのは、おそらく男性の側には、自分にとって一番心地よい母親であった授乳期の母親のイメージがあるからでしょう。男性は女性に対して常に、母親のようなふっくらとした体型を求めがちです。ところが女性にとっては、母親は常にライバルですから、母親に対して潜在的に嫌悪感を持っている人が少なくありません。心の底に、自分は母親のような女にはなりたくないという気持ちがあるわけです。ここを読んだら、これからここ→サクラいない 出会い系 で、出会う結婚相手と上手に駆け引きができますね。特に思春期の女性は、自分が女性的な肉体を持つことに嫌悪感を抱く時期があります。女性であることに、また性的に成熟することに対する恐怖や嫌悪があるのです。女性のほうが、自分が性的な存在になることに対する嫌悪感が強いのは、初潮を経験したとき、ショックを受けることに起因しています。大人は、娘が初潮を示すと赤飯をたいて祝ったりしますが、本人にとっては大変なショックなのです。樋口一葉の『たけくらべ」という作品で、主人公の美登利が初潮を経験したのを機に、それまでほがらかでオキャンだった子が、内向的で陰気な子に変わっていく様子が描かれていまこれは、初潮を経験することで性的な存在になる。性的な存在になるということは、性による役割の差がそのままステータスの差につながるような社会では、男性の所有物になることを意味しているからです。

DW188_L