問題のアプローチの仕方で男女に違い

*彼女はどにかくグチってばかり。安心 出会い系にはもううんざり■個人的な問題へのアプローチのしかたには男女差があるロバートは、週末にマイラと一緒にいるのが嫌になってしまいました。というのは、マイラは自分の芸術上の野心とその野心が押さえつけられていることについて、あくまでもしやくり続けるからです。彼女はロバートのアドバイスを無視します。にもかかわらず、彼に聞いていてほしいのです。マイラは、誰かに話してしまうということが大いに役立つのだと言います。しかし、こういう話にずっと付き合わされると、彼は最後には、ビンセント・ヴァン・ゴッホのような気持ちになってしまいます。つまり、少なくともひとつの耳は削いでしまいたい。このことは、個人的な問題に対するアプローチのしかたに、男女で違いがあるのではないかということを示しています。女性はしばしば相手と親しいということを感じるために自分の問題を話し、相手が共感をもって聞いてくれることによって、その問題への理解を深めたりします。一方、男性が自分の問題を持ち出すのは、その問題と闘って解決したいという場合が多いようです。女性が自分の問題をもてあそぶことで相手の反応を引きだすということに、男性はびっくりします。一方、女性は、自分を好きだと言いながら、自分をもっとも悩ませている事柄を言いだすと、男性が不機嫌になることに対して、納得がいきません。あなたが彼女に十分な回答を与えたにもかかわらず、彼女がまだグズグズ言うので頭が痛くてたまらないという気持ちになったら、〃ASPIRINⅡアスピリン〃の方法をお試しください。アスピリンは〃頭痛″の特効薬です。

結婚と恋愛

その基本的な形は性愛と恋愛で、おおげさに言うと、DNA(遺伝子)が命じる行為です。「愛」という言葉が現在のような意味で使われるようになったのは、日本では明治以後のことです。それ以前、日本人の日常には、現在のような意味での「愛」という言葉はありませんでした。「慈悲」や「仁」という言葉はありましたが、「愛」という言葉が現在のような意味で使われるようになったのは、明治に入って英語の《きぐ①管・に対する訳語としてでしょう。ギリシャ語の「愛」という言葉には、エロスとアガペーという二つの意味があります。エロスは性愛ですが、アガペーは神の愛のことをいいます。こちらは中国語の「仁」に相当するもので、性愛的な意味を含まない愛のことです。キリスト教で説く「愛」はアガペー、つまり、自己を犠牲にして他者につくす「愛」です。会話の中からその人の性格や望みなどを見つけられれば、ここ→で出会った人は自分にとって結婚を考えられる人なのか、わかりそうですね。それはともかく、「愛」こそは最高の価値観で、「愛」に奉仕する行為がどうして恥ずかしいことなのか、むしろそれは当たり前ではないかという考え方がエスカレートしていくのは当然かもしれません。それでも、今後、人前でセックスしてみせる男女が出てくるかどうかは疑問でしょう。たしかに、アメリカ人にはスワッピング(夫婦交換)をしたりする人も日本より多いようですが、日本人ではまだきわめて稀のようです。日本人の場合は、恥じらいという感覚がアメリカ人よりも強いのです。これには理由が四つほどあります。第一に、アメリカはもともとキリスト教国でした。キリスト教、とくにプロテスタンテイズムはかなり禁欲的な宗教です。とくにアメリカの大都市に住んでいる人にはプロテスタント、あるいはピューリタンが多く、そのキリスト教の締めつけがひじょうに強かったわけです。

DW183_L

人生のうちの結婚

子供は親を性的な存在として認知することを抑圧しているため、セックスの場面を見させて、それをいたずらに刺激することはないというのが、親の心情でしょう。第三番目は、これは人類独特のことのようですが、特定の男性と特定の女性が結びつくのは、一夫一婦制度のもとでは、他の組み合わせの可能性を排除することになります。つまり、いまかりにA、B、C、D、Eという五人の男性がいるとします。そのうちあなたはDという男性を選びました。するとA、B、C、Eの四人はそうした状況をけっして好ましく思わないのです。特定の集団の中でカップルが生まれても、その二人はおうおうにして孤立するというか、浮いてしまいます。まして、セックスをしているところを見られたりすれば……。その二人が、他のすべての人たちからはじき出されるのはこのためです。第四番目の理由は、第二番目に近いのですが、自分たちが性的存在であることを示すのは、逆に職業的存在、社会的存在ではないことを示すことにつながるからです。仕事もいいけど、結婚など人生設計もしっかり考えて、ここで素敵な出会いを見つけてください。ですから、公共の場所では人間は性的存在でないことにつとめなければならないことになります。そして、これはたぶんに宗教的な意味がからんでいると思われます。ひと口に「愛」といっても、男女間の恋愛だけでなく、人類全体や地球に対する愛もありますが、もっとも基本的な形は親子の愛、そして恋愛でしょう。動物の世界における「愛」を考えても、互いに保護し、養育しようとする行動を開発する感情は「愛」しかありません。

出典:xn--k-fbu922ndvglom3iq0ok770a3oi.net

DW167_L

結婚相手

男性は女性にそれほど痩(や) せていてほしいとは思っていません。こうした差が生まれるのは、おそらく男性の側には、自分にとって一番心地よい母親であった授乳期の母親のイメージがあるからでしょう。男性は女性に対して常に、母親のようなふっくらとした体型を求めがちです。ところが女性にとっては、母親は常にライバルですから、母親に対して潜在的に嫌悪感を持っている人が少なくありません。心の底に、自分は母親のような女にはなりたくないという気持ちがあるわけです。ここを読んだら、これからここ→サクラいない 出会い系 で、出会う結婚相手と上手に駆け引きができますね。特に思春期の女性は、自分が女性的な肉体を持つことに嫌悪感を抱く時期があります。女性であることに、また性的に成熟することに対する恐怖や嫌悪があるのです。女性のほうが、自分が性的な存在になることに対する嫌悪感が強いのは、初潮を経験したとき、ショックを受けることに起因しています。大人は、娘が初潮を示すと赤飯をたいて祝ったりしますが、本人にとっては大変なショックなのです。樋口一葉の『たけくらべ」という作品で、主人公の美登利が初潮を経験したのを機に、それまでほがらかでオキャンだった子が、内向的で陰気な子に変わっていく様子が描かれていまこれは、初潮を経験することで性的な存在になる。性的な存在になるということは、性による役割の差がそのままステータスの差につながるような社会では、男性の所有物になることを意味しているからです。

DW188_L

結婚を考えられる

ボディビルをやる女性には、男性が強い女性にあこがれているという認識があります。たしかに、前にも述べましたが、強い女性は丈夫な子供を生んで育ててくれる可能性が高く、遺伝子のサバイバルに都合がよいため、男性の側には、より健康な女性を欲する気持ちがあるのです。面倒見が良いオンナはモテます。あなたも←ここで頑張って結婚を考えられるパートナーを見つけましょう。ところが健康な女性であることと、相手の男性に、保護してやりたいという気持ちを起こさせる優しい女性であることの間には矛盾があります。健康な女性より、優しい女性が異性をひきつけた時代というのは平安時代までです。平安時代の末頃からは、やはり健康な女性のほうがいいということになってきたのです。そのため、源氏と平家が争っていた時代の女性は武芸もたしなんでいました。肉体的に健康であることは、男性優位の価値観がまだまだ支配的な現在でもなお、価値はあります。役にはたたないけれどもシンボル的な意味はあるわけです。女性がエアロビクスやウエイトリフティング、あるいはレスリングをするのを見ても、男性とそれほどちがいがなくなっています。男らしさ、女らしさという枠があいまいになってきたのです。O女は母親になることを嫌悪し、男は母親を求めるとはいっても、男性が好ましいと思っている女性の体型と、女性が自分でいいと思っている体型はかなり食い違っており、女性が自分で理想としている体型のほうが、男性が求めているものにくらべてはるかにスリムです。

DW180_L

結婚後の生活

Oあいまいになってきた男らしさ、女らしさこれまでの男性優位の社会では、性別(ジェンダー)による役割分業がありました。性別による役割分業には、女性が男性の領分に侵入することを許さないという側面があります。たとえば炭鉱の採掘作業労働者や道路工事といった肉体労働は、女性にはできないものとされてきました。ところが、いまではそうした側面はなくなりつつあります。これまで男性の職業とされてきたダンプカーや長距離トラックの運転手などに、最近は女性の姿が目立ちます。つまり、侵入したいのならご自由にどうぞという社会になってきたのです。結婚後の生活で問題が発生し、解決しようとすると、また別の問題が出てくるかもしれませんが、安心 出会系 ←ここで相性ピッタリの結婚相手を見つければそんな心配は少しで済むでしょう。それなら入っていきましょうということになったのですが、その背景にはやはり、現在のような社会状況はまだ過渡的なものだという、価値観に足場を置いた考え方があるわけです。言い換えれば、強さ、たくましさ、発達した筋肉といったものに、優位個体としての価値を認める考え方があるのです。たしかに、子供はいつも、大人になったらいいな、自分も早く大人になりたいなと思っています。女性も同じで、口に出したり意識したりはしなくても、これまで男性はずいぶんうまいことをやってきたのではないかという気持ちを抱いていました。ちょうど「男もすなる日記といふものを女もしてみむとするなり」という『土佐日記』の書き出しと同じような気持ちといえばわかりやすいでしょう。

DW200_L

結婚のイメージ

また、国内線の飛行機に乗ると、カラメルやバニラの匂いがただよっていますし、機内のおやつといったら、とにかく甘いものばかりです。アメリカ人というのはなぜこんなに甘いものが好きなんだろうと、日本人の乗客はそう思うでしょう。それでいながらアメリカ人は、砂糖を目のカタキにしています。これは甘いものの氾濫(はんらん) を放っておけば、いくらでも食べてしまい、あげくの果ては、まちがいなく死んでしまうということを認識しているからにほかなりません。それはさておき、アメリカではいまや、庶民のほうが色が白くて太っており、社会の支配階級三スタブリッシュメント)のほうが色が黒くて痩せているという、かつてとはまったく逆(や) の現象が起こっているのです。ところが、そのおかげで、無理なダイエットに走り、拒食症になる人も増えています。そうまでしてダイエットやスポーツに打ち込むのは、支配階級により多く見られる形質をもっているほうが「配偶行動」において有利だからにほかなりません。結婚に悪いイメージを持っていても、一歩踏み出してください!結婚相談所 比較 から結婚相手を探せば、あなたに合った探し方も探せるので不安や悩みも解決してくれるサービスを見つけられます。アメリカ文化は、もともと開拓者によって作られた文化です。そのため、アメリカ人には常に、ワイルドでたくましい人のほうがリーダーとしてふさわしいという意識があります。大統領選挙で民主党の候補者が共和党の候補者になかなか勝てないのはそのためです。共和党の候補者のほうがワイルドな雰囲気で、たくましいイメージをもった人が多いに対して、インテリ・タイプが多い民主党の候補者は、タマとしてはよくても、なんとなく女性的な印象を抱かれがちなのです。

DW181_L

結婚できる優位個体

南太平洋のトンガ王国など、かつては太っていることが国王の資格のようにみなされていたようですが、最近では、国王自身がダイエットを始めたりしています。自分を作り過ぎずにで、素敵なパートナーを見つけよう。これも国際社会における価値観の変化に対応したものでしょう。社会が急激に変化すると支配者の要件さえ変化するわけです。先進国のアメリカではl日本でもだんだんそうなりつつありますがl、色が黒くて痩せていることが権力者、経営者など、社会の上層に属することのシンボルになっていますが、これはアウトドアのスポーツのために時間をさけることを象徴しています。アウトドアスポーツに時間を使うことができるということは、その人の経済的余裕を象徴しているわけです。そうなれば当然、人々は、スリムで色が黒くて、できれば筋肉が発達している優位個体になろうと意識することになります。かといって、アメリカ人のすべてがスポーツをしたり、ダイエットしたりして、スリムで日焼けした自分になることを望んでいるのかといえば、けっしてそうではないようです。アメリカのどこかの都市に行けばすぐに気づくことですが、日本に比べて、太っている人のなんと多いことでしょうか。たる左手に、ポップコーンを詰め込んだ樽のような紙コップをもち、右手にまるで松明(たいまつ) のようなソフトクリーム持って歩いている大人はけっしてめずらしくありません。

DW178_L

時代に変遷に伴って変化する結婚のカタチ

○時代の変遷にともなって変化する.優位個体」の物窪し現実の社会では、そこまで極端な変化は見られませんが、それでもそれ相応の変化は起こり始めています。相性が合う結婚相手をでみつければ、夫婦間に問題が生じて解決するためにここに書いたような大変なことをしないで済むかもしれません。たとえば現在のアメリカは、太った男性は企業では出世できない社会になっています。とにかくスリムで、しかも筋肉質でなくてはならないという難しいことを要求されるようになった社会なのです。日本にもそうした傾向は徐々に伝わりつつあります。日本ではかって、栄養を十分にとっていることが貴族階級の特徴であり、同時に社会的な優位個体の象徴でもありました。たとえば、高松塚古墳の美人画や平安時代の「源氏物語絵巻」に登場する女性など、顔は下ぶくれで、どちらかというとオカメに似ており、今日の基準からすると、けっして美人とは言えない顔をしています。しかし、その当時は、色が白くて太っているのが美人の条件だったのです。一方欧米でも、十九世紀から二十世紀初頭にかけて労働運動のポスターは、三つ揃いの背広に身を包んだ、でっぷり太って貫緑(かんろく) のある資本家を、やせて筋肉の引き締まった労働者がハンマーで叩きのめしている絵柄のものが典型的でした。ということは、当時は太っていることが「優位個体」であるための条件だったのです。ところが、いまでは太っていることは、けっして経営者や権力者がそなえておくべきスタイルではなくなっています。

DW171_L

婚姻制度

甲斐性のない亭主に愛想を尽かして、別の男性になびいていく女性は文学作品のテーマになっていますが、これは遺伝子レベルでも十分に説明できることなのです。一般に哺乳動物では、単一の配偶者と長期間にわたって一夫一妻の関係を維持するケースはひじょうにまれです。しかし、なかには例外もいて、たとえばキツネのように繁殖シーズンだけつがいになり、メスが出産して子ギッネを育てるまでの間、「夫」であるオスギッネはメスギッネと子ギッネの待つ巣穴にかいがいしくエサを運んできます。キツネ以外ではコマドリもやはり一夫一妻制です。とくに生まれたばかりのヒナは哺乳動物の子どもに比べてひじょうに無力です。しかも、メスは外敵からヒナを守らなければならないので、エサをとりにいくことができません.そのため、子供が巣離れするまで、オスは一生懸命子育てに協力します。生まれたばかりの赤ん坊も鳥のヒナと同じで、絶えず授乳したり、排泄の始末をしてやらなければなりません。一夫一婦制であれば、こうした関係がうまくいくわけです。つまり、子供を自分の遮伝子のコピーだと思っている度合いが強いメスが子育てをして、オスがエサをとってくるほうが、遺伝子のサバイバルという点においては都合がいいのです。あなたはここで→出会った人に対して、自分の理想を演じずに本当の自分をぶっちゃけられますか?もう一つ、婚姻制度には私有財産制が大きく関わっています。先にも述べたように、女性の場合は子供に自分のDNAが確実に伝わっているのがわかりますが、男性にはその保証がどこにもありません。

DW145_L